名古屋で人気の医療脱毛

クリニックと脱毛サロンの違い

医療レーザー脱毛と光脱毛の違い

医療レーザー脱毛と光脱毛の違いは照射する光の波長の種類が異なることです。医療レーザー脱毛では同一の波長で集中的に照射するため熱量が大きくなり威力も強くなります。そのため永久脱毛には最適ですが脱毛に使用されているレーザーは医療従事者しか使用づることができないため医療機関で施術を受けることになります。しかしレーザー照射の出力が強いぶん施術回数は少なく済むため費用も抑えることが可能です。一方光脱毛では複数の波長の光を広範囲に照射する方法で医療レーザー脱毛に比べて照射する熱量も弱いため肌への刺激が少なく痛みも弱いのが特徴です。また医療従事者でなくても施術可能であるため脱毛サロンや自宅でも施術を行うことが可能です。しかし脱毛効果を実感するためには部位にもよりますが1年以上かかる場合があります。もちろん医療レーザー脱毛と光脱毛を併用して脱毛を行うことも可能ですので脱毛したい部位や費用、時間などトータルバランスをい考えてから選択するよいでしょう。

医療脱毛と光脱毛の痛みを比較

医療レーザー脱毛と光脱毛を比較するとそれぞれのレーザー出力の違いから痛みが強いのは医療レーザー脱毛のほうです。医療レーザー脱毛は毛を発生させる毛乳頭やその下の幹細胞に対してレーザー照射し破壊させることで脱毛効果を得られるため必然的に痛みは強くなります。また照射する部位別によっても強さは異なりとくにわきやひざ下、Vラインなどでは強くなります。それでもレーザー照射の回数が増えていき生えている毛の量が減ってくると痛みの強さは徐々に和らいでいきます。一方光脱毛は医療レーザー脱毛と比べてレーザの出力も弱いことや毛穴の奥にあるメラニン色素にのみ反応するため照射する範囲も広くないことからそれほど強い痛みを感じることはありませんが個人差も大きくとくにわきの下やVゾーンなどの太い毛が密集している部位では強く感じることもあります。それでも医療レーザー脱毛と比較して肌へのダメージも少なく痛みも弱いのが特徴です。

医療脱毛に必要な回数

医療脱毛は、エステでの光脱毛より高い出力で早く効果を実感できるレーザー脱毛です。高い出力で、医師による施術をすることが必要になり、一般的にはエステの光脱毛より高額になりますが、完了までの回数で考えると半分くらいになりますね。これは脱毛する部位によって変わってくるのですが、ビキニライン脱毛だと自己処理が必要ないくらいのレベルになるまでで考えると7回から10回くらいです。光脱毛だと20回くらいになってしまうので、やはり回数的にも期間的にも少なく短く完了することになりますね。ただ、高い出力で施術するということで、痛みは結構強くなりますし、ビキニライン脱毛だと敏感な場所なだけに更に痛みに耐えられないという方も増えてきます。そういう場合は出力を下げて施術する必要が出てきますから、そうなると施術の回数も期間も長くなってきてしまいます。医療脱毛の場合、一回の施術でもかなり効果が得られることが多いので、ある程度で満足するなら、そこで完了とするのも良いでしょう。

医療レーザー脱毛の種類と特徴

レーザーの種類

ダイオードレーザー

主に医療レーザー脱毛で使われるレーザーの1つでもあるダイオードレーザー。ダイオードレーザーは最先端の医療用脱毛機器で従来の医療レーザー脱毛と比較しても脱毛効果が高く、痛みも少ないので肌にも優しく安全性のある医療レーザー脱毛です。 ダイオードレーザーは直接肌にレーザーを照射します。レーザーは皮膚の表面を通過し、毛母細胞だけにレーザーの熱によってダメージを与えて毛、毛根、皮脂腺を破壊します。破壊された毛根などから次に毛が生えてくることはありません。皮膚の表皮や組織にはダメージを与えにくいので全ての部位に施術可能です。照射部位を選ばない為、男性のヒゲやデリケートな部分にも施術可能です。ダイオードレーザーは産毛にも施術を行えるので毛が薄い方にもお勧めです。

アレキサンドライトレーザー

アレキサンドライトレーザーは、医療レーザー脱毛でもよく利用されている種類の効果が高いレーザーです。1990年代にアメリカから入ってきたレーザーのひとつで、宝石であるアレキサンドライトを活用していることでも知られています。アレキサンドライトレーザーの特徴として、冷却ガスを使って冷やす処理が行われるのでジェルが不要と言う点があります。またシミなどにも効果的で肌を美しくしたい人にも向いています。刺激が少ないこともあり日本人に向いている医療レーザー脱毛となっています。現在では多くの医療脱毛クリニックにアレキサンドライトレーザーが導入されているため、さまざまなクリニックで施術が受けられるようになっています。

ロングパルスヤグレーザー

ロングパルスヤグレーザーとは、医療レーザー脱毛の1つの方法で、他のレーザーと比べて長い波長を持っていることが特徴です。これにより肌のより深くまでエネルギーを伝えることができるため、より確実に脱毛することが可能になります。なお、用途としては、男性であればひげ、女性であればIVOラインや皮膚が黒ずんだ箇所に使用します。また、より深くエネルギーを伝えることができることで、しみ、しわ、くすみ、赤ら顔といった症状の改善や美肌効果やアンチエイジング効果も期待できます。ただし、メラニンの吸収が他と比べると弱いため、他のレーザーよりも脱毛に時間がかかるという面もあります。自身の状態によって適切な方法を選ぶようにしましょう。

ルビーレーザー

ルビーレーザーは、医療レーザー脱毛だけではなく、シミの治療にも利用されているレーザーで、メラニン色素への吸収率が高いという特性を持っています。メラニン色素の薄い白い肌の中に存在する、濃いメラニン色素を持ったシミや、ムダ毛、毛根に対して照射する事で、正常な肌へのダメージを最低限に抑えながら、目的の箇所に絞ってピンポイントで効果を発揮します。日焼けなどで肌の色素が濃くなっている方は、肌の方にもレーザーが反応してしまい、火傷が発生するリスクがあるため、施術前のカウンセリングの段階で、選択肢から外されるのが一般的です。一方、特に医療レーザー脱毛では、色素の薄い肌の方こそ、その効果を最大限に発揮できるレーザーです。

脱毛機の種類

ジェントルレーズ

強い痛みがあるといわれている医療レーザー脱毛ですが、アメリカ製のジェントルレーズは、照射口に冷却装置がついているため、レーザー照射をする直前に冷却ガスが噴射されるので、瞬時に肌はマイナス21度になるため、痛みを感じずに施術が受けられます。また、毛嚢炎や肌荒れも起こしにくく、肌に優しい照射が可能なマシンなので、肌の敏感な方でも安心で、日本のクリニックでももっとも使われている脱毛機なので、実績も豊富にあり、安全性は確立されています。照射速度も、従来機に比べると1.5倍となっており、スピーディに照射ができるので、時間がかからない、というのも大きなメリットだといわれています。ヘッドが軽く扱いやすいので、照射漏れも少なく、狙った毛をしっかりと処理できます。

ライトシェアデュエット

ライトシェアデュエットは、医療レーザー脱毛の機器の一つであり、2つの照射ヘッドがついているため、名前に「デュエット」がつけられています。非常に大きいタイプの照射ヘッドと、小さな照射ヘッドがあり、大きな照射ヘッドで幅広い範囲の治療をして、小さなヘッドで細かな部位の治療をすることができるため、効率よく治療ができ、治療時間を大幅に短縮してもらうことができることが特徴になっています。また、照射ヘッドが皮膚を吸うような機能がつけられていて、レーザーが皮膚に含まれているメラニンに反応することを防いで、ターゲットの毛に効率よくレーザーを当てることができるため、痛みを軽減した治療をすることが可能になっています。

メディオスターNeXT

メディオスターNeXTは、医療レーザー脱毛の機器の一つであり、毛の組織のバルジ領域を破壊することが目標の機器になっています。バルジ領域は、毛に栄養を与えるための組織であり、皮膚の表面に近い位置にあります。そのため、比較的威力が小さいレーザーのため、肌へのダメージが少なく、痛みが少ない治療をすることができます。一般的な医療レーザー脱毛の機器は、毛根を破壊することで脱毛をしていましたが、毛根の場合は皮膚の深い部分にあるため、メディオスターNeXTよりも威力が強めになっています。そのため、部位によっては激痛が生じることもあり、特に顔の治療がつらいものになっていましたが、激痛が生じる部分の痛みがかなり少ないため、ストレスが少ない治療を行いやすいです。

ジェントルヤグ

ジェントルヤグとは、アメリカのシネロン・キャンデラ社が販売している医療レーザー脱毛の機械で、医師が在籍しているクリニックでしか施術することができません。毛根に存在しているメラニン色素を利用して、毛根の黒にレーザーのエネルギーを集中させ、毛の生成が行われる毛乳頭や毛母細胞の組織に熱でダメージを与え、毛の生成が行われないようにする仕組みです。一般的に行われている脱毛でなかなか効果が出ない場合、毛根が肌の深い位置にあることが多いですが、ジェントルヤグでは肌の深い部分にまでレーザーが届くため、効果を感じることができます。また、色素沈着や日焼けのある肌にも使用することができ、男性のひげなどの毛が濃い部分にも施術を行うことができるため、今まで以上に多くの方が脱毛を行うことができるようになります。

レーザーと脱毛機の種類のまとめ

医療レーザー脱毛は、どこで受けても同じというわけではありません。クリニックによって導入しているレーザー脱毛器の種類が違うこともあるので、自分の肌や毛の状態にあったマシンで処理してもらう必要が出てきます。多くのクリニックで導入されている主流とも言えるレーザー脱毛器では、アレキサンドライトレーザーがあります。日本人の肌の色や毛の質に合っているマシンでもあり、広範囲の脱毛であっても照射面積が広いことから短時間で済ませることができます。しかし、一般的な日本人の肌の色よりも濃いめという人になれば、アレキサンドライトレーザーでは効果が足りないことにもなってしまいます。そんな人には、ダイオードレーザーが向いています。また、全身脱毛であっても脇毛やVラインなどの根深い毛には、ロングパルスヤグレーザーが向いており、クリニックによっては数種類のレーザー脱毛器を所有して使い分けがされることもあります。ルビーレーザーになると、脱毛効果にプラスして美肌効果もあるので、女性にとても人気があります。

医療脱毛の料金

クリニックと脱毛サロンの料金の違い

プロの脱毛では大きく分けて医療脱毛とエステサロンによる施術があげられますが、その料金がかなり違うことで疑問を持ちの方もあるのではないでしょうか。まず、どちらの施術もよく似ているイメージがありますが、実はまったく違うものとなっています。まず、医療脱毛は医療機関でしか利用することのできない医療レーザーによる施術が行われています。出力が高いこともあり、速く結果を出すことができ、永久脱毛の効果も期待できる方法です。そして施術は医師や看護師など医療の資格を持ったスタッフが担当してくれます。これに対して、エステの脱毛は美容行為となっており、光を利用したより痛みの少ない施術が行われています。痛みが少ないのがメリットですが、そのかわり結果が出るにはそれなりに時間も必要です。施術は医療関係のスタッフではなくエステティシャンが行うという違いもあります。医療機関では腫れや痛みを抑えるための薬が出されますが、エステサロンでは薬の処方はなく、そのかわりアフターケアのスキンケアがより丁寧に行われています。

名古屋の医療脱毛の料金の相場

医療脱毛は永久脱毛も可能ですが気になるのが料金です。脱毛エステと比べると効果が高い分価格も高くなります。医療脱毛の相場を見ていくと有名なクリニックの平均だと次の金額ぐらいです。全身だけだと1回61,500円で5回が307,500円です。全身とVIOは1回75,000円で5回が375,000円、全身と顔とVIOは1回90,000円で5回が450,000円、VIO(ハイジニーナ)は1回21,000円で5回105,000円です。これはあくまで有名なクリニックの平均なのでこれよりも価格が高いところや低いところはあります。全身だけでも5回受けると30万円以上はかかります。医療脱毛は自由診療になるためクリニックによって料金も自由に設定出来ます。そのため料金設定もかなり幅広いです。出来れば安い価格で受けたいものですが、安くても技術力などが低いと色々なトラブルになりかねません。適切な料金設定で技術力や実績、スタッフの対応やアフターケアなど総合的に判断してから決めたほうが良いです。

安い医療脱毛探しのコツ

安い医療脱毛を利用するためにはキャンペーンを行っていないかどうかをチェックすることが大切です。キャンペーン情報を手に入れるためにはインターネットを利用しましょう。仕事の休憩時間や電車での移動中などにチェックすることができるから、空き時間を利用してお得に利用ができる医療脱毛をスマートフォンから探してみましょう。まとめサイトやホームページなど見比べながら選ぶと参考にできます。どれくらいの費用が相場なのかを知ることができて、よりお得に施術を対応してくれるクリニックをスムーズに見つけることができるから便利です。そして表示料金の他の追加の費用などもかからないかどうかや口コミ情報で技術力や効果などを調べておくと安心です。安いだけでなくより満足できる環境の整っている医療脱毛を行ってくれるクリニックを見つけることができます。はじめて利用するからこそお得に利用ができるように、しっかりと下調べを行っておきましょう。

支払方法

脱毛は一般的な女性の身だしなみになってきていますが、行える方法としては脱毛サロンや医療機関で行う医療脱毛などを選ぶことができます。安全性や効果の高さから医療脱毛を選ぶ人は多いですが、気になることの一つが支払方法だと思います。支払う方法としては、一括で支払いたいという場合には、現金やクレジットカード、医療ローンを利用することが可能です。分割で支払う場合には医療ローンが活用できます。一番理想的な支払の仕方としては、現金で支払うことをオススメします。自分でお貯めたお金を使うのですから、しっかりしたクリニックを選びたいという気持ちになるという効果を期待することができます。分割払いで支払う場合には金利0%キャンペーンなどを行っているところもあるため、そこを利用することも良いとされています。脱毛したいというときには、脱毛効果やクリニックの雰囲気だけではなく、しっかり料金のことも考えて選んでいくことが大切です。

医療脱毛に必要な期間

部位ごとに異なる?

医療脱毛にかかる期間は部位によって異なる事があります。それは、部位によって毛の状態が異なる為です。太くてしっかりとした毛と、産毛のような毛では生え方も異なれば、毛周期も異なる事になります。ですから、同じ施術を行っても、効果の出方に違いが出てきて、ムダ毛が生えてこない状態になるまでの期間が変わってくる事になります。更に、医療機関での施術の進め方によっても完了の時期は大きく変わってきます。施術は2ヶ月に1回という形が多くなっています。ですが、これは施術を開始した頃の話で、施術が進み毛が減ってくると、2ヶ月に1回のペースで施術を行うよりも、3ヶ月や4ヶ月等、間隔を長めにしていく方が、より効果の高い施術を行っていく事ができるようになります。ですから、5回の施術であっても、10ヶ月以上かかるという事は珍しくありません。医療脱毛が完了するまでの期間は部位や毛の状態、施術の進め方によって変わってきます。

部位ごとの医療脱毛との相性

医療脱毛は、気になる部位だけでも受けることができますが、全身脱毛でも利用することができます。脱毛の費用を抑えたいという女性にとってはサロン脱毛が向いていますが、ムダ毛を減らすことができても永久脱毛をすることができません。脇毛など一本でも生えている状態を見られたくない部位に関しては、医療脱毛で受けてみるといいでしょう。狭い部位であればそれほど高額な料金にもならず、永久脱毛をすることができます。脱毛サロンの全身脱毛コースで予算を抑えつつも、しっかりと脱毛しておきたい部分だけ医療脱毛を利用してみるというのは賢い利用方法です。医療脱毛では、部位によってもベストとなるマシンの種類が違ってきます。全身脱毛では、照射範囲が広いアレキサンドライトレーザーであれば短時間で済ませることができますが、太くて根深い毛はなかなか脱毛が進まないことにもなります。そんな部位には、波長が長いヤグレーザーを使用してみるといいでしょう。

部位別でクリニックに通う周期

一般的に、医療脱毛は、毛の周期に合わせて施術を行います。毛は、成長期、休止期、退行期の3つの期間で1つの周期となり、施術は成長期の毛に対して行います。成長期というのは生えている毛に対して施術を行うことになります。医療脱毛で主に使用されているレーザーは、黒い色に反応するため、生えている黒い毛にダメージを与え、お肌に与えるダメージを最小限に抑える期待がもてます。毛の周期は毛周期と呼ばれており、基本的には2ヶ月から3ヶ月に一度、クリニックなどに通うことになりますが、部位によっては周期が異なります。脇は成長期と退行期、休止期の長さは3ヶ月から5ヶ月、腕、脚の成長期と退行期、休止期の長さは4ヶ月から5ヶ月、Vラインの成長期の長さは1年から2年、退行期と休止期の長さは1年から1年半となっています。部位別に成長期の毛にはたらきかけることができるよう、施術機関でプロによる診断をしてもらい、医療脱毛のメニューを選ぶことをおすすめします。